火災保険

2019年10月15日

火災保険の契約情報が流出中?

OI000694今から25年ぐらい前に「家賃を払うぐらいだったらマンションが買えますよ」と言われ、投資目的で住宅支援機構(旧住宅金融公庫)からお金を借りて70平米ぐらいの中古マンションを買って一時期は自分で住んでいた事もあった。
しかし返済が厳しくなって、売るにも売れずに賃貸として人に貸して、自分はボロアパートに住んでいた時期もある。
今でも、そのマンションは自分名義で持っていて、評価額は300万円ぐらいの価値しか無いと思う。
売っても二束三文なので物置として使い続けているが、契約した時に一緒に特約火災保険と言うのに入っていた。
すっかり、そんなことなど忘れて、何となく火災保険にだけは入っていた記憶があるんだけど、最近になって色々な保険会社から「火災保険の満期を迎えるから、うちの保険に入ってくれ」と電話や手紙が来るようになっている。
何で俺の所有している物件の保険が切れる事を、見ず知らずの保険会社が知っているのか非常に気持ち悪い。
そして今週末も、どこの保険会社か名乗らず個人名だけでアポを取って来た人と会う事になっている。
なぜ、個人情報が漏れているんだろう?
それは国内の損害保険会社が共同で少しづつ契約を分かち合っていた為で(リスクを分散している)、引っ越しの見積もりみたいに一気に保険会社が「ぜひ、うちと契約してください」と押し寄せているのと一緒である。
何か個人携帯の番号まで先方は知っているし、何それって感じ。
自分で比較して火災保険の延長をする会社を決めた方が良い感じもするが、何か騙されそうな予感がプンプンしているぞ〜

sereb1 at 23:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック