池田公園

2020年02月16日

ミシュラン名古屋の星付きイタリアンでランチを楽しむ

セッタンタのメニュー池田公園の話をブログに書くと、昔の読者の方から「オフ会はいつやりますか?」とか「お金を貸してください」と言ったメッセージを多く頂きました。
なんか変な反応があって戸惑っていますが、静かに見守ってください。

さて、女子大小路のガールズバーで15万円のボッタクリに会った翌日に名古屋の栄にあるミシュランガイドに掲載されている★付きイタリアンのお店に行って来ました。

ここのお店は2ヶ月に1度のペースで出かけていますが、昔はスガキヤの特製ラーメンを食べては旨いと言っていた自分も徐々にお金の使い方を学び、食に関してかなりお金を使う様になってきました。
メニューはこんな感じで、事前に食べたい希望を伝えておくと名前と日付の入ったメニューを用意して迎えて頂けます。

高知・徳谷トマトの冷製パスタこの日、特別にオーダーしておいたのは、うま味たっぷりの高知産の徳谷トマトを使った冷製パスタ。
このトマトは完熟のフルーツトマトで楽天でも取り扱いがあり1Kgで5,000円〜1万円もする最高級のトマトが使われています。

これだけで満足ですが、一緒にイタリア産のワインも運ばれてきました。
ワインはソムリエさんにお任せして、料理に合う様にペアリングして出してもらうスタイルにしたけど、美味しいワインをチョイスしてくれるので助かります。

富山・白魚,愛知・ふきのとうのスターター続いてスターター料理で最初に出て来たのは「富山産の白魚と愛知県産のふきのとうのリゾット」
よく見ると緑色のお米の上に白魚のフリッターが乗っています。
ちょっとお洒落な観葉植物の葉っぱも付いていますが全部食べることが出来ます。
お皿の大きさに対する料理の大きさ感が上品で良いですね♪

福岡・わらさ,千葉・青大根のスターター続いて福岡の「わらさ」と千葉の「青大根」と使ったお刺身です。
「わらさ」は「ブリ」よりもサイズが小さい魚の出生魚で、地域によって呼び名も様々あるようで「ハマチ」よりは大きいサイズの個体の様ですが、いくらも一緒に盛り付けられていました。

青大根は大根おろしにしてもワサビの様な緑色で一瞬、ワサビの盛り合わせと思いましたがサッパリして、わらさとマッチしました。

フランス・フォアグラ,きたあかり,コルシカ島・オレンジジャムそして世界三大珍味の1つ、フランス産の「フォアグラ」が出てきました。
「きたあかり」と言うジャガイモと共にプリプリのフォアグラが良い香りを漂わせ、ナイフの自重だけですぅ〜っと切れる柔らかさ。
まずはそのまま口に運び、一緒にワインを口に運ぶ...
鼻から息を抜くと、口の中にうま味が広がる何とも絶妙なコンビネーションでした。

一緒に添えられた岩塩で食べ、その後コルシカ島のオレンジジャムと共に食べる。
フォアグラの虜になる激うま料理でした!
ここまでが、スターター料理、いわゆる前菜になります。

三重・太刀魚,浜名湖・新海苔,千葉・黄金蕪の魚料理続いて魚料理に・・・
お皿の大きさ約30cmに対して料理の大きさは5cmほど。
6000佞離瓮襯張Д妊好戰鵐Sクラス(徳大寺風)に乗りながらで高速道路を1000回転ほどの低速回転で巡行するほどの余裕を感じます。

浜名湖産の新海苔の上に三重県産の太刀魚の揚げ物と黄金カブが乗っており何とも上品さと優雅さを感じる料理でした。
時々、おかわりが出来ないビュッフェで皿いっぱいに料理をテンコ盛りにしている人を見かけますが、心に余裕を持って生きたいですね。
小さなことにも目くじら立てず、ぼったくりバーで15万円の請求が来ても、「金持ち喧嘩せず」が大事だと、料理が教えてくれました。

北海道・白子と千葉・菜花のパスタいよいよメインの1品目
北海道産の白子と千葉県産の菜花を使ったパスタです。
白子の美味しさが十分に引き出された一品。
麺との絡み具合も絶妙で旨い!
白子って魚類の精巣なので、男性が食べると共食いになるのだが...

岐阜・飛騨牛ランプのステーキ最後のメイン料理は飛騨牛のランプの部位のステーキです。
前回も飛騨牛のランプ肉でしたが、今回も同じものを出してもらった。
カカオと粒マスタードと共に一緒に食べましたが、料理は全部で7品となりました。

季節によって料理の構成は変わり、前回はトリュフが出て来ましたが今回は魚料理が少し多めの構成だった感じがしています。

チョコラータ食後のデザートはチョコラーダで一緒にデザートワインも出してもらいました。
デザートワインは普通のワインと違ってアルコール度数は控えめで甘い。
ブランデーとかワインの蒸留酒のグラッパを飲んでも良いかも知れない。
ちなみにアイスクリームと一緒にチョコのケーキは甘かったが、デザートは別腹でした。

小さなお菓子最後に小さなお菓子と共に暖かい飲み物を頂いた。
甘い物が続いたから、エスプレッソのダブルを注文したが、間違えてカプチーノが来てしまった。
「交換します」とお店の人は言ってくれたが、カプチーノアートまで入れてくれたので申し訳なくそのまま頂く事にした。

ワインを飲み過ぎて、そんなに味も分からなくなっていたこともあり、全然OKである。
ちなみにお会計は1人あたり17,243円だった。
サービス料が10%、消費税が10%だから、ベースとなる金額は14,250円になる計算。
そのうちランチ代が6,000円でワイン代は8,250円分を飲んだことになる。

カプチーノこう考えると、サービス料と消費税も馬鹿にならない金額ではあるが、参考までに先日のぼったくりバーではTAX40%(サービス料30%と消費税10%?)だった。
ちょっと変な事を思い出したが...

今回は個室を使わせてもらって、なおかつこの料理でこの料金は非常にコスパが良いと思う。
しかもミシュランの★付きレストランの事を考えたらデートには最適だと思う。
...って言うか、今回は彼女以外の女性と出かけたから、傍から見ればデートに写るかも知れないが、ちなみに誰かはヒミツと言う事で?
おいらのTwitterを見てもらえれば書き込みしてあると思う。

次回はワインについてウンチクを語ろうと思う。

sereb1 at 21:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年02月11日

池田公園パトロールとゲロ処理の為にラブホに行く

20200201_222354Twitterの方ではリアルタイムで下事情を含めて書き込みをしていますが、最近ちょっと昔の病気が発生して池田公園に出入りしています。

名目は国際交流&街の安全を守るための自主的ボランティア活動ですが、こんな活動も続ける事でいずれは緑綬褒章(長年にわたり社会に奉仕する活動(ボランティア活動)に従事し、顕著な実績を挙げた方)を頂けるのでは?と思っています。

…で、さかのぼる事2月1日(土)の事。
久しぶりに連絡をくれた仲間と池田公園の広場に集合してフィリピンバーのはしごを行う事にした。
いやぁ〜昔は結構タガログ語は思えていたけど、すっかり忘れてしまっていたよ〜

20200201_222505楽しく飲んで歌って、時々オサワリをしたりして良い時間を過ごしたよ♪
最後はいつもの長浜ラーメンの「まき」で反省会。
久しぶりに食べた味は懐かしかったなぁ〜
10年前は頻繁に通っていたけど、その時から味は変わっていない。
ビールと餃子とラーメンを食べていると、先ほど行ったフィリピンパブの娘からお決まりの営業ラインが入っていた。
「会いたい、会いたい、もう一度お店にアナタ来るですか?」なんて書かれていたが、ガツガツ来るタイプの娘はちょっと苦手だ…
そんな訳で仲間と別れて斜め向かいにあるワンコインバーに久しぶりに行った。
ここはどんな飲み物でもワンコイン(500円)で飲める店だけど、例えばウーロンハイを飲んでも、テキーラを飲んでも、原価の高いスミノフを飲んでも同じ。

20200201_222432奥のカウンターでノリの良いフィリピーナが居たので、「テキーラ勝負をしないか?」と言ったら乗って来た!
もちろんオイラは下心があって飲ませてエロイことを考えていたけど、ルールは1杯飲むごとに俺が1000円ずつチップをあげると言うもの。
5杯飲んだところで、女が「気持ち悪い」と言い出した。
おいおい、金欲しさに飲みすぎじゃない?とも思ったが、次の瞬間にゲロゲーロし始めた。
寒いのにピーナ娘のゲロを被ってしまったよ…
歩いて3分のHUGHUGに行ってシャワーを浴びて、ついでに彼女を介抱したのだが、もしやパンドラの箱を開けてしまったかも知れない。
この前はキャッチに着いて行って15万円ボッタくられたが、次回はこの話を少ししたいと思う。



sereb1 at 00:18|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年12月10日

池マニアと池田公園

20191208_135227ここ最近、週末は犬の散歩と自分の健康を兼ねて車で色々な場所に出かけては散歩をしているが、お気に入りの散歩コースに池を1周する事を取り入れている。
そんな訳で、愛知県の東郷町にある「愛知池」に行ってきた。
紹介ページは ⇒ こちら

東郷町と言うと馴染みが無いけど、名古屋市の東にあるベッドタウンで名古屋駅から地下鉄ならば40分ぐらいで行ける場所。
近くを通った事は何度かあって、大きく木の文字で「愛知池」と書いてあるから気になっていたんだけど、ワンコを連れて出動した。

ちなみに家に帰って調べてみたら知多半島の人たちに安定的に水を供給するために作られた人工池で正式名称は「東郷調整池」と言うらしい。

20191208_151526池の1周は7.4Kmもあって、今までの散歩コースとしては過去最高の長さになる。
スタート地点から歩き始めて1Kmごとに標識があるけど、タイムを計ると大体、1Kmで11分ぐらいのスピードで歩いていた。(時速5.4Kmなので、ちょっと早歩きペース)

最初の2Kmぐらいは良い感じで歩いていたけど、池の形状が入り込んでいて真っすぐじゃないから迂回している様に感じながら歩いていており、時々後ろから自転車やランニングしてる人が追い越すので犬連れには少々注意が必要な場所だと思う。

20191208_151504結局、1周回るのに1時間30分ほど掛かったが、冬だというのに汗をかいてしまった。
良い運動になったと思うが、こうやってペットを飼って散歩に連れて行くのは良いことだと思う。

いくらロトで億万長者になっても運動不足で不健康になって病気になり、札束を抱えて死んでも全然幸せじゃない。
健康で動けてナンボだと思うし、いつ再びビッグマネーが来ても良い様に体調管理を万全に行きたいものだ。

ちなみに近くにちょっと変わったポーズをした銅像が飾られていた。
パッと見た感じはトヨタ自動車の豊田章男社長にそっくりの銅像だ!
なんだ、こんな所にもトヨタの資金が入っているか?と思って見たら「鎧塚一氏」さんの像だった。
ボート競技の普及と発展に貢献された方だそうです。

ふと思った感想では、ここに競艇場をつくるとしたら、3つぐらいコースが作れそうな広さでアクセスも良いし抜群の立地条件だと思う。
ただモーターボートの音って、競艇場に足を運んだ人なら解かると思うが結構うるさいし、風紀も乱れるだろうから作られることは無いとだろうが、愛知池は広さも抜群で立派な池だと思う。

さて、昼間は池の周りを散歩したが、池つながりで夜の散歩は池田公園(外国人スナックのある飲み屋街)にでも久しぶりに行くとしますか?







sereb1 at 21:43|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年04月08日

美味しいもの探し

OI000359ロトのドラマ本がキッカケで、かれこれ10年近く付き合いのある異性の友達が居る。
彼女は美食家で色々なレストランの情報を知っていて、海外旅行の知識もハンパないぐらいに長けているんだけど、1〜2ケ月に1度の割合で俺を食事に誘ってくれる。
言ってみれば専属のフードコーディネーターだったり、メシ友・ワイン友と言ったところだ。
もちろん、お互いに恋人が居るので恋愛関係に発展することも無いし、お互いの恋人同伴で食事をしたこともある。
なぜ、ここまで長く異性なのに友達として続けてこられたか、そこには恋愛感情が無く、支払いも割り勘、普段の連絡も気が向いたときにLINEが来る程度なんだよね。
俺の恋愛遍歴も知っているし、結婚して離婚した歴史もリアルタイムで見られてきた訳なんだけど...
ちょっと前置きが長くなったが、今回は名古屋の繁華街、池田公園の近くにあるフレンチレストラン「kitchin HAKUGA」に行ってきた。
このレストランに行くのは今回で3回目ほど。
ワインの持ち込みも可能で、事前に持っていくワインの銘柄を伝えておくと、ワインに合った料理を出してくれると言うのも素晴らしい。

OI000363そんな訳で今回はサルヴァトーレ・フェラガモ・ファミリーが手掛けるワイナリーで作られたラメッレと言うシャルドネの白ワインを飲みながら料理を頂く。
キャビアとイクラ、桃カブのカクテルから始まり、次々と目の前で調理された料理が出される。
鉄板にオープンキッチンスタイルでシェフと会話をしながらと、調理の手の内をすべて見せてくれるのは自信がある証拠である。
左の写真は「帆立のカダイフ焼き 季節野菜 アンチョビオイルソース」で焼くことによりネギの甘味が引き立ち、ホタテのふんわり食感が絶妙で旨かった。
メインは阿波黒部和牛フィレ肉のローストで口に入れると溶けるほど柔らかい肉だった。
最近は食べることに金をあまり惜しまなくなった気がする。
残り少ない人生、我慢して食べたいものを我慢する生活は後から後悔すると思うようになった。
スシローの回転寿司も良いが、カウンターで本物の寿司を食べると世界は広がる。
ワインの味が分かると、今度はワインに合う料理を求めるようになるから面白い。

IMG_20190407_222641_851もちろん家でも酒のつまみを自分で作るんだけど、以前はキッチンに立つことは少なかったが、ここ最近は家で作る料理にもこだわる様になった気がする。
カナッペなんかは、クラッカーの上に乗せるだけで簡単に作れるし、ワインの友だね。
さて、投資してガッツリ儲けて、毎日旨い物を食べて、旅行を楽しみたい。
昔のようにキャバ嬢のケツを追いかけたいと思わなくなったのは、年のせい?
男として枯れてしまった訳では無いが、女から食べ物に変わったって事かもね。
さて、いよいよ10連休も近くなってきたが、今年はどこに出かけるか?
ハワイ往復エコノミーの航空券が40万円、ちょっと高いわ...

sereb1 at 01:39|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック