ボホール島

2023年05月07日

禁断の男の一人旅・シーズン2 セブ編

マニラ国際空港_0501
既に昨日日本に帰国しましたが、今回のフィリピン旅行は本当に満喫できて考える事もいっぱいあって楽しい旅でした。
5/1(月)にマニラからセブに移動したが、マニラ市内のストリートチルドレンの多さ、貧困レベルはインドのバクシーシー(お恵みを)を求める人の多さと並んで子供たちのマニーマニー(金くれ金)の凄さに疲れちゃった。
もちろん治安の悪い地域に泊まったから、貧しい人の遭遇率は高かった訳だけど、ついついタイと比較してしまう。
そして改めてタイは非常に恵まれていて(日本も恵まれているが)立ち振る舞いが実にスマートな国だと感じた。
施す側、施される側、双方で気持ちよく支え合えるのは仏教国って部分も大きいのかな?
ただ郷入れば郷に従え、治安の悪さが元でストレスが溜まるのは疲れに行っている感じがしてマイナスな部分ではあったが...
マニラは至る所で手を洗いたくて蛇口をひねっても水が出ないところは多かったし、マニラ国際空港も蛇口コーヒーの様な濁った水しか出ないのは焦った。
(この辺はYoutubeのショート動画をUPしたので見てください)

セブの移動の5/1は空港が停電となり、飛行機の欠航や遅延が相次いだが夕方に何とかセブ空港に到着、ナイトスポットが集中するマンゴーストリートと言う治安の悪いエリアに滞在となりました。(好き好んで選んでいるが)
5/2(火)〜5/4(木)は連続して現地のツアー会社が主催しているツアーに参加、あらかじめ日本でツアー代金を決済していたものの、なかなか連絡がこなくて焦った。
前日の夜8時過ぎに、明日の集合時間のお知らせについてLineでメッセージが来たので安心したが、連絡のやり取りは全てLineのみ。
電話番号の記載も無く心配になって、もしかして騙されたのか?と思ったが実際に現地ツアーに参加できて良かった。

チョコレートヒルズ_0502
5/2(火)ボホール島までフェリーで片道2時間、チョコレートヒルズの観光、そして世界最小のメガネ猿ターシャを見て、ジップラインは最高にエキサイティングだった。
今回の旅でやりたかったミッションをクリアし楽しめた。
混載ツアーでほかのお客さんと一緒に回るツアーだったが、やっぱりリゾート地はカップルで参加するに限るね。
オッサン1人旅は何かと「1人ですごいですね」とか「大丈夫ですか?」と心配されたが、20代の若い人から見たら1人旅はすげえと思うかも知れないが、旅行回数で言えば初フィリピン、初セブでも無難に危険を回避できる経験値はあるもので…ハイ

アイランドホッピング_0503
5/3(水)あいにくの雨模様で開催するのか心配になりながらもアイランドホッピングに出発!
アイランドホッピングと言うのは、島々を船で渡り歩くツアーでパンダノン島&ヒルトゥガン島ツアーに参加した。
シュノーケリングをしたが、スキューバーのライセンスを持っている自分はマスククリアとかできるけど、まったく初心者でシュノーケリングをやったことが無い人はキツイだろうな〜と思った。
天候が悪かったこともあり、海の美しさを感じる事はあまりできなかったかな…

スミロン島_0504
5/4(木)朝の3時40分にお迎えの予定が4時20分ごろにピックアップのバンがやってきた。
他のホテルを回ってのピックアップで自分が最後のピックだったので予定より相当の遅れになった訳だけど、この日はセブ島の南端、スミロンに向かい車に乗る事3時間で到着した。
ジンベイザメと一緒に泳げるスポットで小舟に乗ってポイントまで移動し直ぐ近くで写真に収まると言う感じ。
餌付けされていて、なかなか日本じゃ水族館でしか見る事が出来ない事をリアルで体験できたのは良かった。
スミロン島では青い海に感動しシュノーケリングを楽しみ、そしてモアルボアルではイワシのトルネードも見る事が出来たが、充実したツアー3日間を楽しみ夜8時にホテルに戻る。
ツアーガイドの人は1日18時間ぐらい働いている事になるが本当に大変な仕事だと思う。
日本人を連れて行ってだけど、拘束時間も長いわけで客は移動中にフェリーや車の中で寝る事は出来るからまだイイが、本当にフィリピン人は働き者だと感じた1日だった。

マゼランクロス_0505
5/5(金)セブ最終日、チェックアウトしセブ市内の古くから伝わる教会に行って見学。
遠慮なく写真を撮っていたら、神聖なる神様を映してセキュリティの人に怒られ早々に退散。
信仰の物にカメラを向ける時には良いか注意しないとね。
その後、土産物を買って一旦ホテルに戻った後にセブ空港に行きマニラに戻る。
マニラから名古屋の便は7時間ほどあったので運試しで再びカジノに行ったはイイが熱くなり散財、昔の悪い癖が出始めたと思ったところで退散し空港に戻りチャックイン。
搭乗までの時間はプライオリティパスを使ってラウンジで快適に過ごして定刻通りにマニラを出発し翌朝セントレアに到着。
やっぱり深夜便のフライトは非常に疲れた。
今回は行きも深夜の行動、セブは毎日が早朝からの行動で夜遊びする暇もなくバタンキューの毎日でしたが楽しい旅となりました。
またYoutube動画で少しずつ禁断の男の一人旅・シーズン2を上げていきますのでお楽しみに!

sereb1 at 22:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック