2020年02月16日

ミシュラン名古屋の星付きイタリアンでランチを楽しむ

セッタンタのメニュー池田公園の話をブログに書くと、昔の読者の方から「オフ会はいつやりますか?」とか「お金を貸してください」と言ったメッセージを多く頂きました。
なんか変な反応があって戸惑っていますが、静かに見守ってください。

さて、女子大小路のガールズバーで15万円のボッタクリに会った翌日に名古屋の栄にあるミシュランガイドに掲載されている★付きイタリアンのお店に行って来ました。

ここのお店は2ヶ月に1度のペースで出かけていますが、昔はスガキヤの特製ラーメンを食べては旨いと言っていた自分も徐々にお金の使い方を学び、食に関してかなりお金を使う様になってきました。
メニューはこんな感じで、事前に食べたい希望を伝えておくと名前と日付の入ったメニューを用意して迎えて頂けます。

高知・徳谷トマトの冷製パスタこの日、特別にオーダーしておいたのは、うま味たっぷりの高知産の徳谷トマトを使った冷製パスタ。
このトマトは完熟のフルーツトマトで楽天でも取り扱いがあり1Kgで5,000円〜1万円もする最高級のトマトが使われています。

これだけで満足ですが、一緒にイタリア産のワインも運ばれてきました。
ワインはソムリエさんにお任せして、料理に合う様にペアリングして出してもらうスタイルにしたけど、美味しいワインをチョイスしてくれるので助かります。

富山・白魚,愛知・ふきのとうのスターター続いてスターター料理で最初に出て来たのは「富山産の白魚と愛知県産のふきのとうのリゾット」
よく見ると緑色のお米の上に白魚のフリッターが乗っています。
ちょっとお洒落な観葉植物の葉っぱも付いていますが全部食べることが出来ます。
お皿の大きさに対する料理の大きさ感が上品で良いですね♪

福岡・わらさ,千葉・青大根のスターター続いて福岡の「わらさ」と千葉の「青大根」と使ったお刺身です。
「わらさ」は「ブリ」よりもサイズが小さい魚の出生魚で、地域によって呼び名も様々あるようで「ハマチ」よりは大きいサイズの個体の様ですが、いくらも一緒に盛り付けられていました。

青大根は大根おろしにしてもワサビの様な緑色で一瞬、ワサビの盛り合わせと思いましたがサッパリして、わらさとマッチしました。

フランス・フォアグラ,きたあかり,コルシカ島・オレンジジャムそして世界三大珍味の1つ、フランス産の「フォアグラ」が出てきました。
「きたあかり」と言うジャガイモと共にプリプリのフォアグラが良い香りを漂わせ、ナイフの自重だけですぅ〜っと切れる柔らかさ。
まずはそのまま口に運び、一緒にワインを口に運ぶ...
鼻から息を抜くと、口の中にうま味が広がる何とも絶妙なコンビネーションでした。

一緒に添えられた岩塩で食べ、その後コルシカ島のオレンジジャムと共に食べる。
フォアグラの虜になる激うま料理でした!
ここまでが、スターター料理、いわゆる前菜になります。

三重・太刀魚,浜名湖・新海苔,千葉・黄金蕪の魚料理続いて魚料理に・・・
お皿の大きさ約30cmに対して料理の大きさは5cmほど。
6000佞離瓮襯張Д妊好戰鵐Sクラス(徳大寺風)に乗りながらで高速道路を1000回転ほどの低速回転で巡行するほどの余裕を感じます。

浜名湖産の新海苔の上に三重県産の太刀魚の揚げ物と黄金カブが乗っており何とも上品さと優雅さを感じる料理でした。
時々、おかわりが出来ないビュッフェで皿いっぱいに料理をテンコ盛りにしている人を見かけますが、心に余裕を持って生きたいですね。
小さなことにも目くじら立てず、ぼったくりバーで15万円の請求が来ても、「金持ち喧嘩せず」が大事だと、料理が教えてくれました。

北海道・白子と千葉・菜花のパスタいよいよメインの1品目
北海道産の白子と千葉県産の菜花を使ったパスタです。
白子の美味しさが十分に引き出された一品。
麺との絡み具合も絶妙で旨い!
白子って魚類の精巣なので、男性が食べると共食いになるのだが...

岐阜・飛騨牛ランプのステーキ最後のメイン料理は飛騨牛のランプの部位のステーキです。
前回も飛騨牛のランプ肉でしたが、今回も同じものを出してもらった。
カカオと粒マスタードと共に一緒に食べましたが、料理は全部で7品となりました。

季節によって料理の構成は変わり、前回はトリュフが出て来ましたが今回は魚料理が少し多めの構成だった感じがしています。

チョコラータ食後のデザートはチョコラーダで一緒にデザートワインも出してもらいました。
デザートワインは普通のワインと違ってアルコール度数は控えめで甘い。
ブランデーとかワインの蒸留酒のグラッパを飲んでも良いかも知れない。
ちなみにアイスクリームと一緒にチョコのケーキは甘かったが、デザートは別腹でした。

小さなお菓子最後に小さなお菓子と共に暖かい飲み物を頂いた。
甘い物が続いたから、エスプレッソのダブルを注文したが、間違えてカプチーノが来てしまった。
「交換します」とお店の人は言ってくれたが、カプチーノアートまで入れてくれたので申し訳なくそのまま頂く事にした。

ワインを飲み過ぎて、そんなに味も分からなくなっていたこともあり、全然OKである。
ちなみにお会計は1人あたり17,243円だった。
サービス料が10%、消費税が10%だから、ベースとなる金額は14,250円になる計算。
そのうちランチ代が6,000円でワイン代は8,250円分を飲んだことになる。

カプチーノこう考えると、サービス料と消費税も馬鹿にならない金額ではあるが、参考までに先日のぼったくりバーではTAX40%(サービス料30%と消費税10%?)だった。
ちょっと変な事を思い出したが...

今回は個室を使わせてもらって、なおかつこの料理でこの料金は非常にコスパが良いと思う。
しかもミシュランの★付きレストランの事を考えたらデートには最適だと思う。
...って言うか、今回は彼女以外の女性と出かけたから、傍から見ればデートに写るかも知れないが、ちなみに誰かはヒミツと言う事で?
おいらのTwitterを見てもらえれば書き込みしてあると思う。

次回はワインについてウンチクを語ろうと思う。

sereb1 at 21:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年11月20日

ボジョレーヌーヴォー解禁

ボジョレー赤11月の第3木曜日にボジョレーヌーボーが解禁される訳だけど、毎年日付が変わった直後に「乾杯」ってやっているが、時間にしてあと2時間ちょっと。
でも絶対に解禁時間を守らずにフライングで飲んでいる人は居ると思うのだが、そこは大人の事情と言う事で…

それはさておき、ボジョレーって赤しかないと思っている人が殆どだと思うけど、白もある。
シャルドネ種を使用した物で全体の生産量の1%にしか過ぎないが、どうせ飲むなら今年は白のシャルドネも加えても良いかも知れない。

ちなみに自分は赤と白の両方を買う予定でボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボーに決めている。

無題11クリュ・ボジョレーも良いが普通のボジョレーよりも格上のヴィラージュを勧めたい。

ちなみにスーパーで売られているペットボトルに入ったボジョレーはありえないと思う。
グレープジュースじゃないんだし...

ただね、今年のフランスは気温40度とか尋常じゃない天候だったことを考えると、あまり期待は出来ないかもしれない。
3000円〜5000円ぐらいボジョレーに金を掛けるんだったら、美味しいボルドーワインを飲んだ方が良い気もするが、まあお祭りか?

さて、Amazonnで注文してみるか。
自分の購入する物をリンク貼っておきます。値段はセレブな価格で高めですが...

タイユヴァン マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2019 [ 白ワイン 辛口 フランス 750ml ]

sereb1 at 22:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック